トピックス

トピックス

スマホ・ケイタイ安全教室

 12月13日(木),『スマホ・ケイタイ安全教室』が行われました。スマホやケイタイは非常に便利で,現代の生活には欠くことのできないものになっています。しかし,それらにまつわるトラブルや犯罪があることも事実です。

 スマホやケイタイへの依存が強くなると,学習能率が下がり,健康にも影響を及ぼすことが報告されています。更に,スマホやケイタイが原因で,友人関係を悪くしてしまうこともあります。廊下に貼ってあったポスターにこんな標語が書いてありました。 「その言葉 相手の目を見て 言えますか?」 スマホやケイタイを介すと,相手の気持ちを考えず,あまり抵抗なく過激な言葉を使ってしまうことがあります。相手に面と向かって同じ言葉が言えるかどうか,しっかり考えたいものです。

 今日の教室が,スマホやケイタイの明るい未来の創造に繋がることを願います。そして,その成否は,使用者一人ひとりにかかっています。

大学の先を考えるセミナー

 12月12日(火),1学年を対象に『大学の先を考えるセミナー』が行われました。これは,「現役で働く社会人から,自分の職業をとおして考えたことを話してもらい,一年生の進路意識の高揚と適切な進路選択を目指す」ことを目的に毎年行っています。
 各分野で活躍する24人の講師の先生が24教室に待機し,生徒は選択した2カ所を回って,専門的な話を聞きます。それぞれの教室には独特の空気が漂い,生徒は講師の先生の話に引き込まれていました。
 講師の先生方からは,「外の世界を見て,現在の自分を見つめ直そう!」「自分で納得のいく意思決定を!」「失敗をおそれるな!」など,豊富な経験に基づいた貴重なアドバイスがありました。
 生徒にとっては,各分野で活躍する「大人」の話を聞くことができ,とても贅沢な時間となりました。あとは,目標に向かって頑張るしかないですね。
                          ~Dreams Come True~

落ち葉清掃②

 12月2日(日),鶴が丘一丁目町内会からの依頼を受け,大通りや公園,集会場周辺の落ち葉集めを行いました。本校からは,サッカー部が参加し,地域の方々と共に汗を流しました。
 終了後には,美味しい豚汁をごちそうになり,小春日和の中,充実した時間を過ごすことができました。
  地域の木々は,そのほとんどが葉を落とし,冬の到来が間近に迫っていることを告げています。今後も,地域に愛され,地域と共に歩む学校づくりを進めていきます。どうぞ,よろしくお願いいたします。

同窓会長 講話

 11月30日(金),3学年の総合的な学習の時間では,本校同窓会会長(聖和短期大学教授)の佐々木貴弘様をお迎えし,講演会が行われました。
  同窓会長さんからは,ご自身の高校時代から大学時代の話があり,本物に触れることの大切さについて強調されていました。また,社会に出てからの心構えとしては,「礼儀」や「挨拶」が非常に大事であるとの話があり,卒業を間近に控えた3年生にとっては,大変参考になる内容でした。
  最後に,「松陵生,頑張れ!」と力強いエールもあり,松陵高校の大先輩から大いに励まされたひとときとなりました。

進路講演会(2年)

11月20日(火),2学年を対象に進路講演会が行われました。事前に行っていた「自己診断」をもとに,その分析の仕方や進路実現に向けた取組などについて具体的な話をいただきました。
  「自分自身を知り,夢を持ち,現実を直視して努力を積み重ねる。」これは,時代が変わっても決して変わることのない進路実現のための黄金律です。
  2年生の皆さん,来年の今頃は,どうなっているのでしょう・・? あっという間の3年間。一日一日を大切にして,『夢・実現』してください!!

デートDV 防止講座

 11月15日(木),1学年を対象に「デートDV防止講座」が行われました。デートDV防止みやぎより講師の先生をお招きし,デートDVの詳細や正しい男女交際の在り方について講義をいただきました。
 デートDVは,「暴力」「犯罪」であり,重大な「人権侵害」であるとのこと,また,暴力には,殴る・蹴るなどの身体的な暴力だけでなく,精神的・性的・経済的な暴力もあり,わずかではあるが,女性から男性へのDVも存在するとのことでした。さらに,女性の3人に1人は,DVの被害に遭っているとの話もあり,非常に深刻な問題であると言えます。
  この講義が,生徒たちにとって男女交際の在り方を見直すきっかけになるとともに,DVの被害者にも加害者にもなることなく,幸せな人生を歩んでほしいと願わざるを得ない時間となりました。

小松島支援学校児童生徒巡回作品展

 小松島支援学校児童生徒巡回作品展を本校にて開催しています。これは,毎年行っているもので,児童生徒の力作が展示されています。木工や絵画,粘土細工,手芸など,盛りだくさんの内容となっています。作品展は,生徒昇降口前ホールにて,11月12日(月)~16日(金)まで行っています。

通学マナーアップ集会

 11月9日(木)に,「通学マナーアップ集会」が行われました。泉警察署交通課の方から講話をいただき,その後,自転車運転に関するDVDを視聴しました。
 自転車は非常に便利である反面,ルールを逸脱した乗り方をすれば加害者にも被害者にもなり得る大変危険な乗り物でもあります。本校では,約600名の生徒が自転車で通学しており,この集会を機に,自らの運転を振り返ってほしいと考えます。
 「交通ルール 守るあなたが 守られる」を心に留め,自分の命とともに他者の命をも大切にする自転車運転を心掛けたいものです。

芸術鑑賞会

 平成30年度芸術鑑賞会が,11月6日(火)イズミティ21を開場に行われました。本校の芸術鑑賞会は,演劇・古典芸能・音楽というローテーションで,今年は「音楽」の年にあたり,『ファンカッション』という打楽器演奏グループを招きました。
 もちろん演奏は素晴らしく,その技術レベルの高さには驚かされました。また,生徒や職員をステージに上げての演奏体験や部活動対抗で「テキーラ!」と叫んだりと,全体を巻き込んで盛り上がりました。
  秋の深まりを感じる今日この頃,日常を忘れて本物の芸術に触れることで,私たちの心はとても豊になりました。
  お忙しい中,足を運んでいただいた保護者の皆様,ありがとうございました。そして,何よりも素敵な演奏を披露していただいた『ファンカッション』の皆様に心より感謝いたします。

落ち葉清掃

 校庭の南側には桜並木があり,春には満開の花が,秋には赤や黄色に色づいた葉が,私たちの目を楽しませてくれます。松陵高校にとっては,松の木と同様,これからも大切にしていかなければならないものです。
  しかし,秋の深まりとともに,道路や側溝にはたくさんの葉が落下します。雨で濡れた葉は滑りやすく,また,側溝を塞げば排水にも影響します。松陵高校開校と同時に,このような状況は続いていたものと思われます。近隣住民の方々が,箒とチリトリを手に,落ち葉清掃をしている姿をうかがい見るにつけ,大変申し訳なく思っておりました。
 今年度,松陵高校では,運動部や文化部,応援団(チアリーディング部を含む)が中心となり,落ち葉集めを実施しています。既に,バスケットボール部とサッカー部が作業を行い,本日はソフトテニス部が行いました。今後も,美術部・バレー部・家庭部・ハンドボール部・応援団・チアリーディング部・野球部・その他が清掃作業を行う予定です。作業中にも葉が落ちてくるので,終わりの見えない作業ですが,近隣住民の方々の負担が,少しでも軽減されればと考えております。
 今後も,地域に愛され,地域と共に歩む学校作りを行っていきたいと思いますので,どうぞよろしくお願い致します。